IUU漁業対策プロジェクト

IUU(違法・無報告・無規制)漁業対策に関する共同記者会見レポート/資料

水産資源の持続的な利用を推進するNGOなど8団体が「IUU漁業の廃絶及びIUU水産物の国内市場における流通防止に向けた共同提言」を発表

日時:2017年9月29日(金)
場所:フォーリン・プレスセンター

GR Japan株式会社は9月29日(金)、公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(以下、WWFジャパン)、株式会社シーフードレガシー、セイラーズフォーザシー日本支局、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、オーシャン・アウトカムズ、トラフィックとともに共同記者会見を開催いたしました。

会見では、上記7団体とザ・ネイチャー・コンサーバンシーによるIUU(違法・無報告・無規制)漁業対策に関する共同グループ「IUU漁業対策フォーラム」の発足や、「IUU漁業の廃絶及びIUU水産物の国内市場における流通防止に向けた共同提言」について、それぞれ花岡 和佳男 (株式会社シーフードレガシー 代表取締役)と粂井 真(GR Japan株式会社 ポリシーマネージャー)より発表しました。

また今回の共同提言の契機となった、最新の研究結果「日本の水産物市場における、IUU漁業のリスク」と「日本への違法・無報告水産物の輸入量推計」については、山内 愛子(WWFジャパン 自然保護室 海洋水産グループ長)と村上 春二(オーシャン・アウトカムズ 日本プログラムディレクター)より報告を行いました。

「IUU漁業対策フォーラム」は、IUU漁業対策の強化によって、日本の水産業の持続可能な発展を実現することを目指し、政府、企業、漁業関係者及び消費者の取組みを支援する活動を行っていくとの考えを説明しました。

共同提言の詳細は下記<当日配布資料>からご参照ください。




<当日配布資料>

【ニュースリリース】「IUU漁業の廃絶及びIUU水産物の国内市場における流通防止に向けた共同提言」を表明

【研究結果の概要①】「日本の水産物市場における、IUU漁業のリスク」について(WWFジャパン配布資料)

【研究結果の概要②】「日本への違法・無報告水産物の輸入量推計」について


2017/09/29